学生のバイト選び

大学に通いながらのバイト選び

厳しい経済状況が続く近頃では、大学生のほとんどは自分のお小遣いや生活費のためにアルバイトをするようになっています。

在学中に全くバイトをしたことがないという人の方が珍しいというくらいのご時世なので、入学をしてからいかに上手く学業と両立できるバイトを探せるかということがそのあとの学生生活を送る上での重要なポイントになってきます。

大学生の場合、高校生よりも働ける時間が長くより専門的な業務も担当できることから企業・お店としても積極的に採用をしているので、春先など求人が増える時期には細かく求人情報をチェックしてどんどん面接などをしていきましょう。

高校生のときは受験勉強や部活が忙しくてバイトをしたことがなかったという全くのバイト初心者の人であっても、比較的簡単に仕事ができるバイト先もたくさんあるので初めてであることを引け目に思うことはありません。

むしろ初めての業務をたくさん体験しておくことがその後の就職活動でのアピールにつながっていったりするので、経験を財産と思って行くくらいの気持ちがちょうどよいと言えます。

何に重きを置いて働くか

バイト選びで大事なのは、自分がそのバイトで何をしたいかというこだわりです。

勉強に邪魔にならないように時間をきっちり区切って働きたいという人もいれば、とにかく短期間でたくさんのお金がほしいという人、逆に給与よりも経験のために仕事がしたいというケースもあることでしょう。

イベントスタッフなど期間限定の場合を除き、多くのお店や企業はできるだけ長く勤務をしてほしいと思っているので、自己都合ですぐに辞めるのではなくできるだけ長く勤務できるところとしてしっかり選んでいくようにしましょう。

長期で勤務をすることができるとどんどん新しい仕事も覚えられますし、単純作業だけでなく管理的な業務もできて仕事が楽しくなります。

大学生のバイト先として多く選ばれるのが飲食店や小売店などの接客業です。

接客業は友達や家族などとは違ったお客さんを相手にするというとても気を使う仕事であることから、コミュニケーション能力や敬語の使い方、ビジネスのためのマナーなど多くを身につけることができる大変社会経験になる仕事です。

ブラックバイトに注意

大学生バイトはとてもたくさん求人が出されていますが、今気をつけたいのがいわゆる「ブラックバイト」と呼ばれる過酷な条件での仕事です。

テスト中なので休ませてほしいといったのに人手不足を理由に無理やりシフトに入れられたり、病欠や忌引を認めてくれない、給与を最初の条件どおりに支払わない、正社員同様サービスで居残りをすることを求められるなど、大学生からのアルバイト就業環境の相談はここ最近急増してきています。

大学生アルバイトの場合、社会経験が少ないことから本来違法な就業を強要されても反論する方法がわからずそのまま泣き寝入りをしてしまうケースも多いようです。

現在はブラックバイト対策として学生バイト向けのユニオンなども広く活動をしているので、もし何かおかしいと感じたら早めに相談をして対応をしてもらうようにしましょう。

逆に何か仕事に不満などがあっても、自己都合で突然に無断欠勤をしたりするのは大変なマナー違反なので絶対にしないようにしましょう。