好きな人に恋人がいる場合のアプローチ方法

自分を磨く

もしも好きになった人に恋人がいる場合は、はっきり言えば諦めるのが一番です。
無理に距離を近づけようとすると、相手に嫌われてそれっきりになります。
しかし、それでもその人に近づきたいと思うならば、まずは自分を磨くことです。

すでに恋人のいる人は、あなたのことは恋愛対象とは見ません。
そのために、まずは相手に注目してもらうために、自分を磨いて相手の気を引かないとなりません。
ここで注意しないといけないのは、必要以上に付きまとうなどの、無理に距離を縮めようとする行動です。
これは相手に嫌われて、恋人どころではなくなりますので、自分を磨いて相手から気づいてもらうようにしましょう。

自然と相手と近づく

自分磨きをしながらも、次は相手との距離を縮めていきます。
知り合いや友達という関係になれるように、自然と近づいて距離を縮めます。
あなたの同僚や上司、友達などと接するような感じで、接近していくのが良いでしょう。
そうして、まずは友達を目指しましょう。
すでに友達であるという関係ならば、さらに接する機会を増やし、なおかつ自分磨きをしていきます。

ただここでも重要なのは、好きなので付き合って欲しいという気持ちや考えは、前面に出さないことです。
相手がそのようなことも考えていないのに、気持ちを前面に出すと、余計に距離を取られてしまいます。
もしも、友達のような関係になったなら、一緒に食事に行くようにすると良いです。
二人だけで行くのを断られたなら、他の友達や同僚を交えて食事に行くと良いです。
ただし、デートしてくださいという誘い方はNGなので、あくまでも友達として一緒に行動したいと誘いましょう。

好きという気持ちを伝える

自分磨きも終わり、十分に相手と接近し、一緒に食事をするような仲になったら、次は相手に好きという気持ちを伝えます。
ただこれは、そのような気持ちを伝えたとたんに、相手から一気に拒絶して、もう会ってくれなくなるような可能性もあるので、よく考えるべきです。
友達の関係を続けて、いつか相手が振り向いてくれるのを待つという方法もあります。

さて、好きという気持ちを伝えるところまできたなら、付き合ってくださいとは言わないようにします。
あくまでも、好きという気持ちをさりげなく伝えるのです。
さりげなく、○○みたいな人が恋人だったらいいな、などと相手の反応を見ても良いかもしれません。

そうして相手が少しずつ自分の事を意識してくれて、いつか振り向いてくれることに掛けるのです。
恋人になって欲しい、今の恋人と別れて欲しい、などという重い言葉は
言わないようにしましょう。
恋人のいる相手に対しては、あくまでもいつか自分に振り向いて欲しいという、掛けにも近いような方法を取るしかないのです。