大学生活におけるバック選び方~レディース編~

大学生向けのバック

大学生になると、高校生とは違いファッションの幅も広がるので、持っていくバックも何にしようか迷うでしょう。
特に女性だと講義用ノートやお弁当にポーチと持っていくものも多いです。
見た目を重視したり、使いやすさを重視したりと、バックの選び方は人それぞれです。
今回はそんな大学生の女性におすすめのブランドバックをいくつかご紹介します。

おすすめのブランドバック

・Cath Kidson
大学生の中では定番になっているバックです。
大きくゆったりとしており、教科書やノートパソコンも入るので便利であり、ファスナーも付いているので持ち運び時に中身を無くす心配もありません。
いくつかのデザインがありますが、もしかしたら同じのを大学に持っていく人もいるかもしれません。

・Samantha Vega
サマンサの中では手ごろな価格のバックです。
大き目のバックであり、しっかりした作りなので長く愛用できる一品です。
大学時代に購入して、卒業後も使用しても良いでしょう。
見た目がかわいいので男性受けも良く、いくつかのデザインがあります。

・passage mignon
大学生が通学に使用できるような、使いやすいバックを多数取り扱っているところです。
カジュアルなファッションの中にも上品な感じが取り込まれており、バックもいくつもの種類があります。
大きめのバックが多いので、もちろん大学生活で使うには問題なく、気に入ったデザインのものを一つ購入すると良いでしょう。

・JIB
セイルクロスを使用したバックを多数販売しているところです。
鯨のマークがポイントであり、ドラム型やポーチ型のバックがあります。
しっかりとした作りで、ドラム型は沢山の荷物も入るので、サークルの遠征時などにも使えます。

・ROOTOTE
トートバックを専門に販売しているところであり、色々なデザインのトートバッグがあります。
バックの大きさはあまり種類がなく、デザインがそれぞれ違いますので、気に入ったデザインを探してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したブランドバックは1万円から2万円ぐらいで買える価格帯のバックです。
ブランドにこだわらずに、近くのお店でかわいいと思ったようなものを使うのももちろんありであり、また大学生になるとルイヴィトンやプラダなどの高級ブランドのバックを使うような人もいます。
そのような高級バックは姉からもらうような場合が多いようです。

高級バックも見た目がオシャレでブランドとしての魅力もありますが、日常で使用するとなると使いにくい場面もあります。
今回ご紹介した大きめのバックや、近場のお店での使いやすそうなバックを使用すると、不自由なく大学生活をおくれて良いでしょう。