ダサい服装と髪型

大学での髪型

大学生になると、男性としては彼女がいなければ作りたくなるものであり、ファッションや髪型に気を使うようになります。
流行のファッションを取り入れたり、髪型を変えてみたりすることでしょう。
どのようなスタイルでも、その人に合っていれば問題ないですが、流行ばかりを追いかけたりして合わないスタイルを無理矢理すると、ダサくなります。

ダサいと思われる髪型は以下の通りです。

・ロン毛
ドラマなどでも俳優がしているスタイルですが、それはもう過去の話になりました。
キムタクなども昔はロン毛にしていましたが、今はばっさりと切っており、あまり流行らない髪型です。
サーファーや色黒のワイルドな人は似合いますが、それ以外の人は止めておいた方が良いです。

・ツーブロック
一時期ツーブロックも流行、このような髪型にしている芸能人もいましたが、今はあまり流行らない髪型です。
どうしてもツーブロックは量産型に見られて個性がないと思われるので、特別な思い入れやこだわりがなければ、やめておいた方が良いでしょう。

・前髪が長い
前髪だけを長くしているような髪型も、あまり受けは良くなく、清楚感もないのでおすすめできません。
前髪が目に入るぐらいの髪型にするなら、さっぱり切った方が女の子受けは良いです。

ダサいと思われるファッション

・リュックサックとスーツ
リュックサックは物が沢山入り、持ち運びにも便利ですが、服装と組み合わせでダサいイメージになります。
フォーマルな服装にリュックサックは似合わず、スーツなどとは合わずリュックを使うならカジュアルな服装が良いです。
スーツなどのフォーマルなスタイルにはら、小脇に抱えられるようなバックがシンプルで良いです。

・目立つ服にチノパン
チノパンを履くなら上はシンプルな方がよいです。
派手な服装にしたり、染めた髪型にチノパンはあまり似合いません。
金髪にチノパンなどもあまり受けは良くないです。

・アクセサリーが多い
ひと昔のバブル時代だと良かったのですが、今はアクセサリーをじゃらじゃらと付けるのは、かえってダサイと思われてしまいます。
アクセサリーを付けるならシンプルにするぐらいが丁度良いでしょう。

どのようなスタイルにするか

いくつかの髪型とファッションをご紹介しました。
どのようなスタイルにすべきか迷う方は、シンプルに決めると無難になるでしょう。
しかし自分らしさを出して個性を出すのも、もちろん構いません。

ダサいかそうでないかは、結局のところはその人のファッションセンスになります。
たとえば今回紹介したロン毛でも、その人に似合っている髪型なら、とても格好いいスタイルとなるでしょう。
ダサくないスタイルにするというのは、結局のところ自分にあったファッションを見つけられるかどうかになると思います。
そのためには色々なファッションにチャレンジして、自分にあったスタイルを探していくと良いでしょう。
真似ばかりしていると、個性のないスタイルになってしまいます。