ファッション

大学生活におけるバック選び方~メンズ編~

大学生としてのバック

大学生になると、今までと違い講義でノートを使ったり、ノートパソコンを持っていったり、サークル活動に必要な道具を持っていったり、または研究室で使うような道具を持っていったりと、何かと持っていくものは多くなります。
そのために、大学に持っていくバックなら、大きめの方が色々と入り便利です。
便利なバックとしては、リュックか肩にかけて持てるバックが良いでしょう。

おすすめのバック

・PORTER
PORTERのデイバックです。
シンプルながらもオシャレなデザインとなっており、男性はもちろん女性でも背負えるリュックです。
必要最低限の機能のみあるので、シンプルな作りで、それがオシャレなデザインとなっています。

・NIXON
今や腕時計以外にもファッション業界に進出しているNIXONです。
中でもバックは大きな作りでありながら、シンプルになっているので、機能性も良く沢山ものも入ります。
機能性十分であり、ノートパソコンが収容できるパネルもあり、大学で使うにはとても良いでしょう。
デザインと機能を両立したバックです。

・OUTDOOR
定番のデイバックであり、リーズナブルな価格です。
値段が手頃なので、他の大学生も使っていることも多く被ることもあるかもしれません。
使い勝手が良くショルダーベルトも厚みがあり、色も豊富なので、自分の好きな色を選ぶと良いでしょう。

・KELTY
2Lのペットボトルも入るぐらいのリュックであり、フロントポケットもあります。
軽量でナイロン素材であり、レトロなデザインなので、古着などを着る人にとてもマッチしたバックです。

・EcoCity
3,000円ほどととても安いバックです。
軽量でシンプルなデザインでありながら、ナイロンと革を使っており、とてもオシャレなデザインのリュックです。
パソコンやタブレットも入るようになっており、大学でも通勤でも使えるようなバックです。

・mikketa
スタイリッシュなリュックであり、コンパートメントが機能的です。
シンプルでそのまま背負っても良く、また手で持つような部分もあるので、持ち運んで使っても良いでしょう。
フォーマルな服装にも、カジュアルな服装にも似合うバックです。

・Draconite
通気性のよい素材で出来ており、背負っても蒸れにくく使いやすいです。
デザインはシンプルになってはいますが、携帯電話やスマートフォン、メモ帳やタブレットなども入り、整理整頓しやすい作りとなっています。
底面は二重構造となっていますので、丈夫であり長く使えます。

・BURTON
BURTONのTinder Packは、25Lの容量があり、いくつかのデザインがあり、どれもオシャレな作りとなってます。
網目模様になっていたりと、他のリュックにはないようなデザインもあり、自分らしさを出すならおすすめです。

More from ファッション

ダサい服装と髪型

大学での髪型 大学生になると、男性としては彼女がいなければ作りたくなるものであり、ファッションや髪型に気を使うようになります。 流行のファッションを取り入れたり、髪型を変えてみたりすることでしょう。 どのようなスタイルで … read more

コーディネートの解説

ここ数年のトレンドはシンプル 大学生向けのファッショントレンドというのは、その時代の空気をかなり反映したものになっていたりします。 ここ数年の大学生~20代前半くらいまでのファッションコーデの特徴になっているのが「シンプ … read more